So-net無料ブログ作成

【マラソン業界の著名人も推薦】膝サポート走法~マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方~の新事実とたけしの万物創世紀「マラソン」 [日記]



どもども!こんにちは。


現在【マラソン業界の著名人も推薦】膝サポート走法~マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方~レビュー特集中です(^^)
【マラソン業界の著名人も推薦】膝サポート走法~マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方~は、本当に効果があるのか?興味深々ですよね?
↓↓

【マラソン業界の著名人も推薦】膝サポート走法~マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方~体験評価はこちら


メインサイトでは、渡邉高博さん作の情報教材【マラソン業界の著名人も推薦】膝サポート走法~マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方~を体験した上で、
特典付きでお届けしています。


購入前は賛否両論でしょうけど、実際のところは・・・
詳細はこのページのリンクからご確認下さい。
↓↓

【マラソン業界の著名人も推薦】膝サポート走法~マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方~体験評価はこちら


ちなみに、あとはテキトー日記です。
スルーして下さい(笑)


きょうのあさごはんはほっかほかのごはんと、塩鮭とコーンスープ

ボクの大好きな定番です。



今日は7分で食べ終わり、9時02分に我がやをしゅっぱつです。



普段と違うセブンによりみちして、コカ・コーラをかいました。



普段通りのルーチンですから(^^)。



出勤したら、ルーチンワークであるニュースを覗いてみると

多分あなたもこれ、気になるでしょ?

↓↓

 浄土真宗本願寺派(本山・西本願寺、京都市下京区)は年度内に、「西本願寺医師の会」を設立する。日々、患者の生死と向き合う医師が、仏教と医療相互の視点から現場の課題を共有し、相互交流を図ることが目的。現在、同派の寺院に所属する僧侶や門徒の医師を中心に会員を募っており、年度内に100人の会員数を目指す。【敦賀陽平】

 本願寺派では昨年春、藍野大短期大学部(大阪府茨木市)の佐々木惠雲学長、あそかビハーラ病院(京都府城陽市)の大嶋健三郎院長、佐藤第二病院(大分県宇佐市)の田畑正久院長ら発起人の医師9人による準備会を立ち上げ、発足に向けた話し合いを進めてきた。

 龍谷大大学院(京都市)で今年春、宗教的な側面から心のケアを行う「臨床宗教師」の養成が始まるなど、関西ではここ数年、医療と宗教をめぐる動きが活発化している。今後の超高齢化に伴う「多死社会」も見据え、本願寺派では「会発足に向けた社会的な土壌が整った」と判断した。

 入会金や会費は必要ないが、本願寺派の寺院に所属する僧侶・寺族(住職の家族)・門徒の医師、または同派総長の推薦を受けた医師であることが入会の条件となっている。

 本願寺派の担当者は、「昔は死の現場に必ず宗教者がいたが、いつの間にか医療と宗教が分離した。原点に立ち返りたい」と話している。
(この記事は医療介護CBニュースから引用させて頂きました)



・・・どうりで。

興味ないな(笑)



ではでは。本業の話。

まあまあ予定通りに行けばブログアフィリに16時間と、ドロップシッピングの作業に3時間。



慣れているので簡単に終わるでしょう。



稼がねば、母ちゃんに叱られる・・・



稼ぐと言えばこれ?

↓↓





あら^^;殆ど被って無い?

確かに・・・^^;



さてさて今日の夕飯は何しよ?

おでんかフカヒレスープがいいなあ・・・



これも良いか?

↓↓





きっと今度のブログ更新はこの後数時間後になると思います。

お待ちしております。


nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。